特設!夏休み悩み相談【テキスト版】高2生から

================================================================(受験生の質問1)私は毎日音楽漬けの高校2年です。音楽が大好きで、音楽で大学に行きたいのですが、本当にそれで良いのか、進路に悩んでいます。================================================================
(編集部)音楽漬けの毎日、楽しいですよね。でも好きな音楽だけやっていて本当に良いのか、受験を乗り越えられるのか、卒業後はどうするか、不安もたくさんあるでしょう。先生やご家族を早く安心させたい気持ちもあるかも知れません。
 音大受験は通常、独学ではできません。受験指導に慣れた先生と、ご家族の深い理解と、本人の努力が必要です。難関校であれば高い実力でも安心はできません。条件が厳しい中で『あなたが今ここで、手にしているもの』について考えてみましょう。
 実技のレッスンは、受験を決めた瞬間「これでもか」という細かいダメ出しをされるでしょう。思うような成果が出ない時は、進路変更さえ頭をよぎります。しかしそこで学ぶのは音楽の技術だけではないのです。努力、不安、絶望、悔しさ、怒り、その中で感じる感謝、思いやり、希望、喜び、それらを単体で学ぶことはできません。学ぶ素材が必要です。必ずしも音楽である必要はありませんが、今あなたが手にしているものは、極限状態でそれらを体得するチャンスなのです。いつでも誰にでも訪れるものではありません。その重みから逃げずに人生経験として受け止めることを、一度じっくり考えてみてください。
 そして、そういう強烈な体験は、必ずあなたの演奏に反映されます。人が音楽に感動するのは、あなたの思いを感じ取るからです。あなたが出す全ての音とフレーズに思いをのせ、それが伝わっているか、響きをよく聴きましょう。あなたが誰かの音楽に感動して音楽家に憧れたように、あなた自身も、他の誰かを感動させる音楽家を目指して下さい。
※「音楽方面へ進学」する場合、大まかに以下のカテゴリーに分かれます。◆国公立大学の芸術系(実技重視)◆国立大学の教員系(学科も重視)◆音楽大学の演奏系(入試に実技がある)◆音楽大学の教養系(入試に実技がない)◆一般大学の音楽系(実技の有無は学校による)

短期大学、専門学校という選択もあります。今年度AO入試は既に始まっていますが、国公立大学も自己推薦入試などが増えました。学校説明会も多いので、進みたいという気持ちがあれば選択肢は数多くあります。
【アドバイス】「あなたが今、手にしているもの」の本当の意味を、もう一度考えてみましょう。あなたの人生を切り開く武器を、手に入れるチャンスです。