教材選びの目安

今回はレベル1の基礎力チェックです。
問題を解いた感触はどうでしたか?
下の4つから、ピッタリくるものを選んで下さい。

【☆☆☆☆☆】時間内に、見直し含めてほぼできた。回答にも自信がある。
→ この勢いで入試まで!おすすめ(満点を目指して!)

【☆☆☆☆】全体的に解けたとは思うが、ミスが心配・または時間が不足した。
→ 入試は射程圏内!おすすめ(志望校に特化した対策を伝授)

【☆☆☆】解き方はわかったが答えを間違えた、もしくは書き残した回答がある。
→ 得点方法を覚えよう!おすすめ(過去問が楽に解けるようになる!)
【☆☆】問題文の意味がわからない、似たような問題を見たことがない。
→ 努力は最短距離で!おすすめ(楽典用語を使いこなそう!)

日常生活に、読み書きが欠かせないように、
音楽シーンには、音楽の読み書きである『楽典』が欠かせません。

「入試にあるから仕方なく」ではなく、
「できていて当たり前」なのが楽典なのです。

とは言え、難しく考えることはありません。
『 楽典』は楽器が弾けて、楽譜が読めれば、
一人でもすぐに始められ、満点も目指せる科目です。

入試が近づけば近づくほど、一日の重みは増していきます。
「もっと早く始めれば良かった…」と後悔しないように、
一日も早く始めることを、強くお勧めします!

 楽典を学習したい方  全ての教材はこちら


「…あれ?そういえば、パンセと言ったら
聴音じゃない?」と思った方はこちら